育毛剤の信憑性とは?


現在、育毛剤は、市場に数多く存在していますよね。
育毛剤といっても、その効果や含まれる有効成分は、様々です。
その種類なのですが、大きく分けて医薬品と医薬部外品の2種類に分かれます。 医薬品の育毛剤で有名なのは、ミノキシジルを中心とした「リアップ」になります。
しかし、医薬品は完全に”薬”の部類になりますので、副作用が必ずといっていいほどあります。
現在、発売されている育毛剤の多くは、医薬部外品として発売されている物が多いです。
医薬品よりも、効果は穏やかなのですが、副作用のリスクがほとんどないため、安心・安全性は、高いです。 そして、現在、インターネットで有名な育毛剤のほとんどが、この医薬部外品に含まれます。
医薬部外品は、医薬品と違って、治療ではなく、予防や頭皮を清潔に保つ、といった目的で開発されています。
医薬品は、効能・効果・使用上の注意に関して、法律上、記載の義務づけがありますが、医薬部外品は、指定成分のみの記載となります。 そのため、製品のパッケージ等を実際に見てみると、「表示指定成分」という文字が必ず書いてあると思います。
残念ながら、この制度はややこしい面があるので、育毛剤に限らず、化粧品関連でも、消費者に大きな誤解を生む原因となっています。
例えば、アミノ酸系シャンプーのアミノ酸には、実際に「これがアミノ酸系シャンプーなんだよ!」という決まりがありません。
そのため、高級アルコール系シャンプーでも、成分にアミノ酸が配合されていれば、アミノ酸シャンプーという名前で、販売することが可能です。
なぜ、そこまでして、アミノ酸系シャンプーにしたがるかというと、理由は簡単です。 アミノ酸系シャンプーの方が、高級アルコール系よりも、頭皮に良いからです。そのため、アミノ酸系の方が消費者からは人気があり、売れることをメーカー側は知っているからです。
育毛剤に関しても、「表示指定成分に関しては無添加です。」と言い逃れができてしまうのです。
医薬部外品は、こういった言い逃れができるように、過度の広告を打つメーカーも多く存在します。
それでは、何を信用して育毛剤を選べば良いのか、不安になりますよね。
これは毎度悩まされる部分でもありますが、私の判断基準では、
・薬事法に基づいて製品の紹介をしてあるか?
・会社自体の信頼性はどうなのか?
を見てみると良いのではないでしょうか?
薬事法では、医薬部外品では、絶対に「生えます!!」という表現方法はNGとされています。
そのため、結構こういった、過大広告バリバリの製品も、実際には存在しますので、注意が必要です。
育毛剤だけを見るのではなく、まず、その製品を扱っている会社がどんな会社なのか、という点も最低限チェックしておくとよいでしょう。
また、どんな人がその製品に関わっているのか、社会性はどうなのか、もチェックしてみるとよいでしょう。 例えば、毛髪ミストM-1は、会社の住所、建物の写真、研究室、研究者、開発者など、こと細かに詳細に掲載されているため、どのような所で、どのようにして製造されたのかが明確で、信憑性があり、安心できます。


頭皮環境を整えるためには、頭皮に優しい育毛剤が良いことはご存知でしょうか? 刺激が強い成分配合の育毛剤を使うと、頭皮の荒れや抜け毛が増加してしまうこともあります。ですから、体調やその時の状況によって育毛剤も使い分けなければなりませんし、安心して使える育毛剤が良いですよね。
さらに、薄毛に関する正しい知識を身につけ、正しいヘアケアを行い、自分に合った育毛剤を見つけることが大切です。
女性で薄毛に悩んでいる敏感肌の人・妊娠中の方は特に注意が必要です。