育毛剤の副作用


ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)といった医薬品の育毛剤には、副作用がある可能性があります。
フィナステリドの副作用は、軽く、多くの方が、何も感じられなかったというほどのレベルです。
しかし、国内の臨床試験では、「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」といますので、注意しておいた方が安全と言えるでしょう。
ミノキシジルは、より副作用の度合いが強いです。
ミノキシジルを含有した国内の育毛剤は、大正製薬の『リアップ』のみです。
リアップは、ミノキシジルの濃度が1%です。効果が薄いですが、副作用の可能性をできる限り弱めているところが特徴です。


どのレベルが危険なのでしょうか


ただし、ミノキシジルで発毛・育毛効果を期待するためには、通常は、最低でもロゲインの5%のような濃度が望ましいとされています。
ロゲインの5%は、ミノキシジルの副作用として、頭皮のかゆみ程度で済みます。
深刻な副作用の報告はありませんので、ロゲインならば、育毛剤使用が初心者の方でも、ある程度安心して使用できるレベルでしょう。
これが、ザンドロックスの12.5%とか15%とかになったり、ミノキシジルタブレットという、ミノキシジルの飲む育毛剤タイプになったりすると、発毛の効果が高まる反面、副作用の危険もかなり高まりますので、注意が必要です。
具体的には、以下のような副作用が報告されております。
性欲減退、多毛症、頭痛やめまい、胸痛、低血圧、不整脈、動悸、手足、顔のしびれ・むくみ、急速な体重増加、赤ら顔、にきび、発しん、皮膚の紅潮
ミノキシジル系の育毛剤を使用して、もし、上記のような副作用が見られた場合は、必ず使用を停止し、即座に医師に相談するようにしてください。
医薬品ですので、用法・用量を守るかぎりは、そうそう強い副作用は起こりません。しかし、万一生じた場合は、重く受け止めて、医師に処置を求める必要があると思います。


医薬品でない育毛剤はどうでしょうか


薬用凌駕やスペラゲンなど、国内でも人気の育毛剤に副作用というものはないとは思います。あると、人気な商品になっているわけがないですからね。
特に、毛髪ミストM-1のような育毛剤は、完全な無添加であり、副作用の心配が全くなく、なおかつ、強い発毛力が期待できるところが
最大のメリットです。
とはいえ、ミノキシジル濃度の高い育毛剤よりは、発毛効果が落ちるのは仕方がありません。
そのため、副作用の可能性をどれだけ許容できるのかで、育毛剤の選び方が変わって来ると思います。
当サイトでは、初心者には、毛髪ミストM-1のような安心の育毛剤を推奨しており、中級者にはロゲイン(5%)を推奨したいと思います。


頭皮環境を整えるためには、頭皮に優しい育毛剤が良いことはご存知でしょうか? 刺激が強い成分配合の育毛剤を使うと、頭皮の荒れや抜け毛が増加してしまうこともあります。ですから、体調やその時の状況によって育毛剤も使い分けなければなりませんし、安心して使える育毛剤が良いですよね。
さらに、薄毛に関する正しい知識を身につけ、正しいヘアケアを行い、自分に合った育毛剤を見つけることが大切です。
女性で薄毛に悩んでいる敏感肌の人・妊娠中の方は特に注意が必要です。