妊娠中の育毛剤とは?


妊婦は、ホルモンバランスの変化や慣れない身体の変調、つわりなどの影響で、 肉体的にも精神的にも負荷がかかりがちです。


十分な食事がとれなかったり、睡眠不足になったり、 いろいろな不安がマイナス相乗効果になって、抜け毛などの原因にもなるようです。


通常、60~100本位は毎日自然に抜けているので、それに少しプラスされるくらいなら気にする必要もありませんが、 出産後「産後脱毛症」で抜け毛が増えるケースは多いので、そうしたことを事前に予防しておくことは有効かもしれません。


抜け毛対策の基本は正しい睡眠と食生活なので、特に抜け毛を意識しなくても気を配ることは大切ですね。


3食きちんと栄養バランスも考えて食べることや、妊娠初期はつわり対策も重要です。 無理して食べるより、食べたいもの、食べられるものを、調理方法なども含めて工夫していくことが大切です。 必要に応じて、サプリメントなども活用してみるのも良いでしょう。


こういった対策を行ったとしても、、抜け毛が気になる方はたくさんいるかと思います。 しかし、妊娠中の女性が男性用の育毛剤を絶対に使用してはいけません!


男性用の育毛剤にはミノキシジルやプロペシアという成分が含まれていることがあります。 これは胎児への健康に影響する恐れがありますので、十分気をつけてください。


使用の際には、母乳や血液中に溶け出さない育毛剤を選ぶ事が大切です。


ミノキシジルという成分は母乳へと移行します。 妊娠中の使用について安全性は確認されていませんので 生まれてくる赤ちゃんへの影響を考えれば、このような育毛剤も絶対に避けたほうがいいでしょう。


妊娠中はとにかく女性用の育毛剤を選ぶことが大切です。


そうすれば、このような成分が含まれていることはほとんどないのですが、 女性用のものでも念のためにしっかりと成分をチェックし、心配な場合は医師へ相談をすると良いでしょう。


頭皮環境を整えるためには、頭皮に優しい育毛剤が良いことはご存知でしょうか? 刺激が強い成分配合の育毛剤を使うと、頭皮の荒れや抜け毛が増加してしまうこともあります。ですから、体調やその時の状況によって育毛剤も使い分けなければなりませんし、安心して使える育毛剤が良いですよね。
さらに、薄毛に関する正しい知識を身につけ、正しいヘアケアを行い、自分に合った育毛剤を見つけることが大切です。
女性で薄毛に悩んでいる敏感肌の人・妊娠中の方は特に注意が必要です。